中野陣屋県庁記念館

明治の面影を今に伝える

中野陣屋県庁記念館江戸時代には「中野陣屋」が、明治初年には「中野県庁」が置かれていました。現在は記念館として当時の歴史資料や収蔵美術品が展示されているほか、有志の絵画等の展示も随時実施しているなど文化的活動の拠点となっています。 館内には「カフェ・陣屋」があり、木のぬくもりあふれるカフェで、ゆったりとした時間を感じながらのコーヒータイムをお楽しみいただくこともできます。

2019/07/01

「西部写游会写真展」【7/17(水)まで】と「善光寺屋さんちの中野土人形」【7/31(水)まで】を開催しています

 中野陣屋・県庁記念館では、次の展示をしています。皆様のお越しをお待ちしております。


中野陣屋・県庁記念館の歴史(通 年)

世界の馬っこ展(通 年)

西部写遊会 写真展
     (令和元年7月3日(水)〜令和元年7月17日(水))

善光寺屋さんちの中野土人形
     (令和元年7月1日(月)〜令和元年7月31日(水))



このページの先頭に戻る

(一財)信州なかの産業・観光公社
〒383-0031
長野県中野市南宮1番11号 中野市役所南宮庁舎内
TEL.0269-22-2111 FAX.0269-22-8422
「このホームページの著作権は、
(一財)信州なかの産業・観光公社に帰属します」